[http://blog.hatena.ne.jp/-/odai/6653812171393297704:title=お題「よく口ずさんでいる曲」

 ]シャンソンの"romance"や"parlezmoi d'amour"を口ずさんでいることが多い。

 ある時、とあるクラブでピアノ伴奏カラオケで"romance"を歌おうとしたところ、ピアニストが岩崎ひろみの「ロマンス」を弾き出して、立ち往生してしまったことがある。

イヴェット・ジローやエデイツト・ピアフの名前なんか聞いたこともないという人が多いんだろうなあ。

お題「続けている運動」

 

 

ミムゴ(MIMUGO) 体脂肪計付き 歩数計 No.73478

ミムゴ(MIMUGO) 体脂肪計付き 歩数計 No.73478

 

 

 スキー、水泳、スケートと個人で出来る運動はほとんどしていたが、最近はどれもしないようになってしまった。

 ゴルフもずいぶん前に止めて、今は道具すら残っていない。

唯一つ今やっているのは、ウオーキングだ。

 最近「体脂肪計付歩数計」が手に入ったので、活用したいと思っているが、設定が難しくまだ使いこなすまでには至っていない。しかし、いずれにしても早歩き(中強度の運動)は、病気予防に繋がるということなので、これからも続けていくつもりである。

お題「愛用しているもの」  amzn.to 

 使用頻度がずば抜けて高く、2010年8月からと使用期間も長期にわたっているなど、「愛用しているもの」]の第1位に挙げるべきものは、やはり電子辞書SHARPPW-AC910である。「広辞苑第6版」、「漢字源」、「ジーニアス英和&和英辞典」、「OXFORD現代英英辞典」、「ブリタニカ国際大百科事典」など、良く使う辞書はこれ1台に全部入っているので便利なことこの上ない。まさしく「愛用しているもの」の筆頭に挙げるべきものだろう。

お題「もう一度見たいドラマ」

『バリの出来事』 

Amazon.co.jp: 韓流ドラマ 麗 dvd バリでの出来事: DVD

 韓国SBS2004年1月3日~3月7日全20話 

 ラストシーンがまさしくドラマの中のドラマだと言え、何度見ても見あきることがない。

 この時のハ・ジウオン(イ・スジョン)の表情が何とも言えない。

 最後のチョンジェーミン(チョ・インソン扮)の海辺での自殺シ-ンも印象的だ。

 劇中でカン・イヌック(ソ・ジソップ扮)が自分同様何も持たない下層社会の住人イ・スジョンに「アントニオ・グラムシの『獄中ノート』を手渡し、財閥2世のチョンジェーミンから離れられない、イ・スジョンの上昇志向をそれとなく当て擦り、何とか覚醒させようとする場面も印象深い。

 また、オ・ヒョンランの歌う「だめなのか(Can't it Be")」というostもイ・スジョンの叫びのように切なくて忘れがたい。

お題「秋の夜にしたいこと」

 ハローウィンという言葉を良く聞く時期になりました。

 思い出すのは、小学生だった頃、紐でぶら下げた缶詰の空き缶に蝋燭を立て、「ロウソクくれないとかっちゃくぞ、おまけに食いつくぞ」と叫びながら近所の悪ガキ連と町内の家々や商店を歩き回り、ロウソクやお菓子をねだって回ったことです。

 正に"trick or treat"そのものですね。おそらくその頃は駐留軍やその家族も大勢いたので,そこから広まって来たものだと思いますが・・・

 さて、秋の夜はやはり読書で過ごしたいですね。いよいよ『レ・ミゼラブル』は、Ⅱを読み終え、Ⅲに入ったのでますますハラハラドキドキです。

 それから金治直美(かなじなおみ)著、『知里幸恵物語 /アイヌの「物語」を命がけで伝えた人 』、PHP研究所、2016年6月7日 -『アイヌ神謡集知里幸恵編訳(岩波書店)の著者の苦難に満ち、19歳と短く輝かしかった生涯を分かりやすく記した物語ーを読むのも楽しみです。

 

お題「好きだったテレビ番組」

 現在日本で放映中のドラマだから、「好きなテレビ番組」という題にすべきだろうが、2014年6月21日~10月26日まで(37回)韓国SBS週末企画ドラマとして放映され、日本ではBSイレブンで午後3.29~『果てしない愛』として放映されている『終りなき愛』が好きだ。

チョソンモがHenry Clay Work作曲の「お爺さんの古時計」のメロデイーにのせて歌うOST「愛してます」もぜひ聞いてほしい。

 

お題「好きな作家」

 ユゴーが好きだ。ここのところ『レ・ミゼラブル』にハマりっぱなしだ。

 コゼットがどうなるのか、あるいは、コゼットはどうするのか。ジャンバルジャンはどうするのか、あるいはどうなるのか気になってしかたがない。