読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お題「最近涙したこと」 歴史教科書国定化に反対して女子高生が一人で、反対のプラカードを掲げて「歴史の見方が一方からだけなんて、あり得ないでしょう!?」と声をかけながら光化門の交差点で通行人に訴える姿をみて、思わず涙しました。

お題「5月病をふっとばせ」 「5月病」なんて言葉があったことさえ、すっかり忘れていた。 なので広辞苑第6版で「5月病」を調べて見ると、「4月に新しく入った学生や社員などに、5月頃しばしば現れる神経病的な状態。」とある。 期待が大きければこそ、緊…

お題「衣替え」 永い冬の習慣で、ベストやコートを着て出かける習慣があり、途中で脱いでバックパックに入れて持ち歩くことが最近よくある。 いくらなんでも夏らしい服装に変えなければと思いながら、夜帰ってくる時のことを考えると、ついつい着こんでしま…

お題「思い出の味」 まだ就学前だったと思うが、新聞紙に塩を包んで谷に行き、土地の言葉で「ゴッポ」(すかんぽ・いたどり)の若芽を折りとって塩を付けて食べた。 麦やトウモロコシ、サツマイモが主食で、食糧不足の時代だったためか、とても美味しいと思…

お題「好きな街」 小樽が好きだ。都市間高速バス札樽号を市役所通りで降り、坂道を上がって行くと、左手に小樽市勤労女性センターがあり、右手には水道局がある。 この坂を登り切って下り坂を降りると、市立小樽図書館に出る。 この図書館は、定期的に企画展…

お題「ひとりの時間の過ごし方」一人でいる時は、ほとんど本を読んでいる。ぼんやり考え事をしている。 KBS TV WORLD NEWSを視聴する。ベートーベンのピアノソナタやラフマニノフのピアノ協奏曲を聞く。 ジュリエット・グレコやイベット・ジローのシャンソン…

お題「お気に入りの文房具」 Pentel AinSTEIN0.5×60mm 3Bのシャープ芯が好きだ。滑りが良く濃いので読みやすい。 書きやすく読みやすいので筆記用具としては、最高だ。 最近愛用し出したものに、プラチナ万年筆プレジール万年筆0.3細字ブラックPGB-1000#1-2…

お題「旅行に必ず持っていくもの」 近頃は旅行することがあまりないので、思い出しながらこれを書いているが、おそらく電子辞書、スマホ、携帯用電子ひげそり(最近は環境問題のため使い捨てアメニテイ グッズを備えていないホテルが多いため)、筆記用具、メ…

お題「今日の出来事」 数日前の某新聞の朝刊に韓国の新大統領に関する現地でのインタビュー記事の中で、「国民の間では3月にソウル大学を卒業した裵基延(26)は」、として人名のかなをペギジョン)としているが,これはペギヨンの誤りであり、もし音がペギ…

お題「修学旅行」小学校の修学旅行は室蘭を経由して支笏洞爺国立公園へ行った。中学校では摩周湖、阿寒湖、網走原生花園へ行った。 高校では奈良・京都へ行くはずだったが、自分ひとりだけ皆が行く修学旅行には行けなかった。 「在日奨学生母国訪問団の一員…

お題「晩御飯の定番」 温かいご飯一杯と野菜か豆腐の味噌汁、それにサバか鮭もしくは秋刀魚の焼き魚が一品ついている。 時には焼き魚の代わりに鶏を蒸したり煮たり焼いたりしたものが付いていることもある。

お題「朝ごはん」 今朝の朝ご飯は、食パン5枚切りの4分の1×2、つまり半分とトマトとレタスのサラダ、それにコーヒーだった。 「ご飯とみそ汁と1品」からパンに変わって久しい。 むかし東京で4畳半の間借り生活をしていた頃、当時はコンビニなんて便利な物が…

お題「好きだったテレビ番組」 韓国SBS日々ドラマ「帰って来たファングムボク」(日本ではBS11で午後1時から30分放映されていた)。 放映時間が30分しかないので、いつも予告編を見ているような、満たされない思いがあった。 親しい友人に騙されても騙されて…

お題「一気読みした本」 いろいろあるが、金大中自伝Ⅱ『歴史を信じて』も、ハラハラドキドキして一気に読み終えた。読んでいると1971年春の慶州駅前広場での大集会での演説を聞いた記憶も鮮明に蘇る。 金大中があって、蘆武鉉があり、そして文在寅大統領が誕…

お題「最近知った言葉」 「爛商討議」多くの人が集まってあますところなく徹底的に討議する、爛商熟議。

お題「一気読みした本」 トルストイ『イワンのバカ トルストイ民話集』、岩波文庫改版、1995年が面白くて一気に読んでしまった。 なんとなく知っている話が多かったが、「ああ、これはこういう話だったか」とか「こういう意味だったのか」などと発見、再認識…

お題「こいのぼり」 最近めったに目にしなくなった。まれに庭付の一軒家でこいのぼりを上げてるのを見る程度に過ぎない。 しかし、「屋根より高いこいのぼり」という童謡は今も耳から離れない。

お題「衣替え」 外出する時、コートを着ようか着まいかで迷う。昨日は図書館に行くのに傘をさすのが大変なほど風が強く、おまけに雨まで降る程天気が悪かったせいもあり、一旦コートを着て出かけたが暑くて、結局脱いでバッグにしまい背負って帰る羽目になっ…

お題「最近知った言葉」 一望監視施設(panopticon)パノプテイコン:広辞苑(第6版)によると,ベンサムが18世紀末に構想。大勢の人々を管理する施設で、その原理は刑務所、製造工場などの空間構造に広く適用。 刑務所もしくは刑務所の運動場を連想させる嫌な…

お題「ひとりの時間の過ごし方」 お題「ひとりの時間の過ごし方」] が、即GW後半の過ごし方になる。 短編映画を見て、また見て、さらに見て、時には気分転換にKPOPを聞き、 またKBS World Newsを見て過ごすことになるだろう。 今日は、端午の節句だ。粽、柏…

お題「GWの予定」 昨日までは、庄幸四郎著『悪態の精神/時代の巻頭言「告知板」寸言集』、1990年1月20日、影書房、を読んで過ごした。貴重な収穫だった。 今日から始まる後半は、短編映画を見て過ごすことになりそうだ。 こちらの方も楽しみではある。

お題「GWの予定」 スロットを何回か回してみたが、結局このお題に舞い戻ってしまった。今日は11時に歯科医に行き、その往復で少し散歩し、『イワンのばか』を読み直してみようかと思う。

まだタミフルを飲み、ほとんどベッドの中で一日を過ごしている。外出は、本を返しに図書館へ行ったぐらいだ。 ただ寝てばかりいるのも結構つらいものだということが分かった。 あまり外出しないせいか今年はレンギョウ、ツツジ、サツキをまだ見ていないよう…

今週のお題「ゴールデンウィーク2017」 楽しいこと、うきうきすること、希望あふれることを書きたいのは山々だが、最近風邪気味だったのがインフルエンザであることが分かり、28日からタミフルを飲み始め、5月2日まで飲み続けなければならないらしい。とに…

お題「健康」 昨日から少し大きい声で話すと、喉が痛い。咳も時々出る。 熱はないが頭が重い。横になって体を休めたい気もするが、午前8時であることを考えると、そうもしてはいられない。これはおそらく最近の陽気のせいに違いない。雪も解け歩きやすくな…

お題「今日の出来事」 今日生まれて初めて大統領選挙の投票をした。本来は5月9日の予定だが、在外投票の日程が4月25日、つまり今日から4月30日までなので、初日の今日総領事館へ行き、投票してきた。国会議員の選挙は前にもやったことがあるが、大統…

お題「朝ごはん」 今日の朝ご飯は、ちょっと変わったものだった。 四角いトーストパンを対角線に切ったものと納豆の小鉢にコーヒーだった。 トーストの1片に納豆を載せて、もう1片で蓋をして、つまり納豆サンドイッチにして食べた。 実際に食べてもらわない…

お題「GWの予定」 今年のGWは場合によっては、9連休になる。大概のことは出来てしまうだろう。 久しぶりに韓国旅行にでも行きたいところだが、「閑がある時は金が無く」の例え通り、家から一歩も出られそうにもない。 この際、やむを得ず積んでおいた本でも…

お題「好きな作家」 趙廷来、ドライサー、バルザック、トルストイ、ミヒャエル エンデ、ゴーリキー、 ゴーゴリー、ジョージ オーウェル、ロマン ロラン、ジード、デイッケンズ、オーヘンリー、アントワーヌ ドウ サンテグジュペリ、魯迅、小林多喜二、パール…

お題「修学旅行」 小学校は支笏洞爺国立公園へ行った。温泉でお湯から出て先生と一緒に流し場で仰向けに寝ていると、女子生徒が枕元に立った。おそらく胸も膨らみ始めた時期だったろうに、手やタオルで覆うでもなく、堂々とほこらしげに立っていた。むしろ見…

お題「部活動」 部活動というと、中学校では放送委員というものをしていたが、これは一種の部活動だった。アナウンサーと技術に分かれて分担していたが、女子学生は全てアナウンサーで男子学生は全て技術だった。 アナウンサーは原稿を読み、技術担当者はキ…

お題「プレゼント」 いつも持ち歩いているSHARPの電子辞書RD-CT40は、5年前に娘がくれたプレゼントだ。これほど大事にし、活用しているものは他にない。 思い起こすと40年ほど前、パリの近郊の洋服店で妻にお土産の服を1着買ったことがあった。その時、…

お題「衣替え」 衣替えの季節だが、まだ中途半端で落ち着かない。 急に大雪が降ってきたりしたので、靴すら取り換えられない状態だ。コートも冬のコートをしまいきれない。 急ぎ足で歩いて、あるいは長距離を歩いて、暑くてコートをかばんにしまうこともある…

お題「演奏できる楽器」 というものはない。「もしもピアノが弾けたなら」という歌があるが、本当にもしもピアノが弾けたらどれだけ良いだろうか。その時その時の気持ちを全て音楽で表現できるのではないだろうか。 もっともピアノが弾けることと音楽で何か…

お題「最近知った言葉」 最近「日交差」という言葉をよく耳にする。最近の天候に多い現象だから当然かもしれない。 朝マイナス5度、昼プラス14度という風に、その日のうちの最高気温と最低気温の差のことを言う言葉だ。 韓国の天気予報ではほぼ毎日必ず耳…

お題「好きだったテレビ番組」 多分中学生のころだった思うが、アメリカのホームドラマで「パパは何でも知っている」という番組があった。そのドラマに出てくる全てにあこがれていた。家電製品、自動車、その他何から何まで。 また、「ローハイド」という牛…

お題「もう一度行きたい場所」は、 韓国慶尚南道安東郡河回村の陶山書院前の桃林。浮 石寺から道を間違えて桃林を登って陶山書院に行くハメに陥ったが、一面に咲くあでやかな桃の花の美しかったこと。正に桃源郷だった。 小山の上から陶山書院を見物して、帰…

お題「続けている運動」 歩くことだけは、続けている。冬の間は道が滑って危ないので、あまり沢山は歩けなかったが、それでも注意しながらよく歩いた。 札幌駅から大通駅まで地下歩行者空間が出来てからは、できるだけそこで歩くようにしていた。雪が無いの…

お題「好きな乗り物」 私の「好きな乗り物」とは、何だろう。即答できない。そもそも乗り物とはなんだろう? 早速『広辞苑』第6版を引いてみると「①人を乗せてあるところまで運ぶものの総称。交通機関。」とある。 自動車、馬、自転車、オートバイ、馬車,人…

お題「好きなラジオ番組」 近頃はあまりラジオを聞くこともないので、好きな番組と言ってもこれと言って無いが、KBS RADIO KOREA INTERNATIONALのk-POPはよく聞く。昔は、「赤胴鈴の介」や「鐘のなる丘」を夢中になって聞いていたものだが、0v1再生式ラジオ…

お題「この色が好き」 藍色が好きだ。少年のころ、秋に徳島県三好市の黒沢の草原でシラサギ草や女郎花と一緒に咲いていた桔梗が忘れられない。 ハインリッヒ シュリーマンは、独学で覚えたロシア語を駆使して行ったインデイゴの貿易で巨万の富を得て、その資金…

お題「桜」 小学校の入学式も幼稚園の入園式も終わった。 だが、この北国に桜はまだ咲かない。 それどころか残雪は、立木の周りを円く囲って薄汚れて残り、枯れ葉が風に舞う。 ときどき強い風が吹くのに、春霞のようなものは去らず、空もどんよりしている。 …

お題「朝ごはん」 今日の朝ご飯は赤飯と豆腐の味噌汁に昆布の佃煮だった。うまかった。 最近はパンの朝食にすっかり慣らされていたが、やはり米飯の朝食は、良い。 朝から食べることであれこれ考えるのは、どこかすっきりしないが、食事や食べることの喜びが…

お題「今日の出来事」 今日は2017年4月6日木曜日だ。今日の出来事とは、既に起こったことではなく、これから起こることだ。 カレンダーを見て、今日は何もないなあ!と思ったが、何と!今日は妻の誕生日ではないか!! 既に現役を退いて久しいが、それ…

お題「愛用しているもの」と言えば、「エースジーン」のビジネスリュックEVL2.5Sだ。15年ほど前使用していた肩掛け式のかばんに資料や辞書類を入れて歩いていて、腰を痛めてから、継続して愛用している。外出する時は必ず背負っていく。両手が自由になり、…

お題「新生活」 お題スロットを回していて、このお題に行きついた。 時は4月だ。旅立ちの時だ。もうすぐ桜も咲くだろう。 新生活に踏み出したいという思いが強い。このまま何もしないで十年一日のごとく無為に過ごしていくのは嫌だ。 何を止め、何を始め、…

お題「好きな作家」 アントワーヌ ドウ サンテギュジュペリが好きだ。高校2年生の時、外国語市民講座のテキストに『星の王子様』の抜粋が出ていて、それを読んで以来好きになった。 その後大学受験のため東京へ行く列車の中で、前か後ろの席にいた受験生らし…

お題「好きな短歌」 与謝野晶子の「君死にたまふことなかれ」が、好きだ。 「ああをとうとよ、君を泣く、 君死にたまふことなかれ、 末にうまれし君なれば 親のなさけもまさりしも、 親はやいばをにぎらせて 人を殺して死ねよとて 二四までをそだてしや。」 …

Netflix野武士のグルメお題「ひとり飯」 (学生時代、東京で一人暮らしをしていた頃は「ひとり飯」が日常だった。 場所こそ、学生食堂だったり学生街の定食屋だったり、蕎麦屋だったりしたが、一人飯は変わらなかった。) もちろん、たまには友人や先輩・後…

お題「印象に残っている展覧会」 「朝鮮王朝の美展」が最も印象に残っている。 同展はまず、2001年7月14日から8月26 日まで北海道立近代美術館で開催され、続いて同年9月19日から11月11日まで北海道立函館美術館で開催された。 私にとってこの美術展が印象深…