読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お題「腕時計」

 腕時計を初めて持ったのはいつごろだったのだろうか。

恐らく高校の高学年生になってからではないだろうか。初めて腕時計を手首にはめた時の感触が思い出せない。その時の記憶がない。

 大学生になって、自動巻きの腕時計を買ったもらった。

確かに便利だったが、激しい運動をする度に故障してしまった。

 その後、手巻き式に戻り、しばらくして電子式の腕時計になった。腕時計そのものは永く持ったが、ベルトがすぐ痛むのでベルトは、たびたび取り替えた。

 理由はよくわからないが、妻がとても高価な腕時計を買ってくれたことがあった。

 しかし、その腕時計のベルトがしっくり合わず、いろいろ調整して、外出し、バスから飛び降りた途端に。腕に違和感のようなものを感じが、腕を見たら時計がなくなっていた。バス停周辺をいくら探しても腕時計は見つからなかった。