読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 「タラは魚屋、レバは肉屋」とは言われるが、私の人生は、タラとレバが掃いて棄てるほどあり、後悔の連続で、今日まで生きてこられたのが奇跡だと思わざるをない程だ。

 あの時ああすればよかった、その時なぜそうしなかったんだろうと、思うことばかりが今までの私の人生のようだ。

 自分ひとり後悔していれば済むものならば、何の問題もないが、自分の一瞬の判断ミスで後々家族が苦しむのを見るのは耐え難いほど苦しく、辛い。