お題「何回も見た映画」

 「八月のクリスマス」(ハン・ソッキュシム・ウナ、シン・グ主演、ホ・ジノ監督

1998年韓国)が好きで、何回も見た。

 全編を通して、「好きだ」、「愛してる」、「惚れた」などという言葉が一度も出てこない恋愛映画だ。一言で言うと、セリフではなく、映像で語りかける映画と言えよう。